慢性扁桃炎の対処方法!
手遅れになる前に!恐ろしい慢性扁桃炎 > 食べ物や飲み物は冷たすぎず熱すぎない常温での摂取を

食べ物や飲み物は冷たすぎず熱すぎない常温での摂取を

沢山の野菜と卵

飽食の時代を生きる現代人にとって、好きなものを好きなだけ食べたり飲んだりできる自由な環境です。
好みや季節の気温に応じて温かさや冷たさも自由に選ぶことができるので、冬でも暖房のきいた部屋で冷たい食べ物を口にする機会は少なくありません。

エアコンによる室内温度の管理が行き届いていますので、季節は関係なく寒い時期にも、こたつに入ってアイスを食べますし、真夏には冷蔵庫で冷やしたキンキンに冷えたドリンクを飲みます。
しかし健康維持や免疫力の向上を考えた時に、冷やしすぎた食べ物や飲み物は決して良い結果を生み出すことはありません。

体温と同等か近い常温の飲み物や食べ物が注目をされているのは、それだけ健康への影響力が大きいためです。
真夏でも冷たい食べ物ばかりを口にするのは良いことではなく、常温の水を飲んだり冷やしすぎない献立を食べるなどの工夫も必要になります。

冷えたものばかりを食べると体を芯から冷やしてしまいますし、喉のイガイガ感を感じるときや炎症を起こしているときなどは逆効果です。
ほてりを感じる炎症を起こした際には、冷えたドリンクや食べ物を口にしたくなりますが、体温と同等か常温の飲食を心掛けるようにします。

冷やすことで気道をキュッと縮めてしまうことにもなりますので、炎症時には咳が余計にひどくなるばかりです。
極端に冷たい物や熱いものは、その温度差が刺激になってしまいますので、炎症や不調の症状を余計に悪化させてしまいます。

熱がある時に冷えたタオルを額に当てると気持ちが良いですが、だからといって冷たいものばかりを口にするのはナンセンスです。
温度が冷えすぎていても熱すぎても、口にすることで刺激になってしまうことに変わりはありません。

体温にできるだけ近い常温の食べ物を口にすることで、体内での刺激となって炎症を煽るようなことにはならないです。
体調を崩した時だけ行うのは大変でも、日頃から急激に体温を下げる食べ方はしないなど、心掛けておくと無理をすることにはなりません。

高カロリーでミネラルや塩分も多いスポーツドリンク

微熱を感じるときや喉に炎症を起こしている時などは、積極的に水分補給をする必要があります。
体内で炎症を起こすということは、それだけ水分量が減ってしまいがちであり、多少の喉の痛みを感じていても、白湯や水などをこまめに飲む水分補給は欠かせません。

その際に意識をしたいのは温度であり、高温のお湯を飲んだり氷水をがぶ飲みするのは控えなければなりません。
こうした温度の大きな差がある飲み物は、体内で刺激になって炎症を煽るばかりです。
風邪や体調不良で微熱のある時、体内では水分不足に陥りますので、適度な常温の水分摂取が必要になります。

熱は水分蒸発をさせますので、発汗も多くなって利尿作用で水分もどんどん排出をされるので、放置をするとあっという間に水分不足の状態です。
健康時の体温と同等の常温の水や白湯を飲むようにしますが、食欲のない時にはスポーツドリンクの摂取も良い選択になります。

普段はスポーツをする時に飲むことの多いスポーツドリンクですが、糖分やミネラルを豊富に含みますので、カロリーは意外と高めです。
ダイエットや糖質を気にする普段であれば、積極的に清涼飲料水は飲むことはないですが、体調を崩している時には役立つことになります。

喉に炎症を起こすようであれば、固形物を通常時のように食べることはできません。
でも食べないと栄養が取り入れられず、力も出てきませんので、免疫力は低下をしたままです。
回復をさせるためには栄養が必要であり、ある程度のカロリーを摂取しないと、免疫力の回復にもなりません。
そんなときには高カロリーでミネラルも多い、スポーツドリンクが役立つ飲み物であり、常温で飲むのもポイントです。

食べ物や飲み物は冷たすぎず熱すぎない常温での摂取をを読まれたあなたにオススメの記事