慢性扁桃炎の対処方法!
手遅れになる前に!恐ろしい慢性扁桃炎 > 扁桃炎の看病はどうするのがベストか

扁桃炎の看病はどうするのがベストか

扁桃というのは、喉の入口付近にある扁桃が赤く腫れて、痛みや違和感などを感じるようになる病気です。
しばしば発熱することもあり、その際には38度以上という高熱になることが多いです。
子供だけではなく、大人もかかることがありますが、とくに免疫力や体力の劣る小さな子供はかかりやすい病気だと言えます。

扁桃というのは体の免疫機能を司る器官の一つです。
子供の場合、大人に比べると免疫力自体が弱く、その分この扁桃の果たす役割も大きくなっています。
そのため、体の外から細菌やウィルスなどが入ってくることで、この組織が簡単に炎症を起こしてしまうことになります。
とくに、プール熱の病原体であるアデノウィルスが繁殖する夏場や、乾燥が進む冬場などのかかりやすい病気なので、注意するようにしましょう。

扁桃炎にかかった患者さんを看病する場合には、家族などにうつることもありますから、その点に気を付けたほうが良いと言えます。
小学校低学年くらいまでの子供は、とくにこの病気にかかりやすいので、同じ年代の子供たちがいるような場合には注意すべきです。

まず、子供や家族などに扁桃炎の症状が出始めたら、すぐに病院を受診するようにしましょう。
と言うのは、この病気は細菌が原因となって起きる場合と、ウィルスが原因となって起きる場合の二種類があるからです。
細菌性のものとウイルス性のものとで、治療薬や治療期間なども変わってくることになります。

この病気にかかっているかどうかを見分ける方法ですが、扁桃というのは喉の両側に一つずつ付いているため、首回りが腫れることがあります。
これは外から見ても分かりますが、初期段階では喉に違和感を感じたり、食べ物を飲み込む時に痛みを感じたりします。

場合によっては、声を出したくないので会話することを嫌がることもあります。
小さなお子さんが家族のなかにいる時には、こうした点によく気を付けておくと良いと思います。
発熱が出始めたころには、症状がかなり進んでいるので注意しましょう。

体をよく温めるようにすると扁桃炎は治りやすい

扁桃炎は伝染性の病気なので、看病しているうちに他の家族にも病気がうつるケースがあります。
ですから、この病気の兆候が見られた時には、自分自身も含めて家族に病気がうつらないようにすることも大切です。
一端症状が良くなっても、家族に病気がうつってしまった場合には、再び扁桃炎の症状が再発してしまう危険性もあります。

この病気には細菌性のものとウイルス性のものがあるのですが、どちらの場合も病原体が入ってきてから2日から5日くらいで症状が出始めます。
ウイルス性の場合は比較的短期間で快癒することもありますが、細菌性のもの、とくに溶連菌が病原体となっている場合には、合併症を起こして治療にかかる期間が長引いてしまうこともあります。

扁桃炎にかかった時は、まず体をよく温めることが大切です。
体を温めることで免疫系が活発になるため、病気の治りが早くなります。
また、夜はしっかりと眠って休息を十分に取るようにしましょう。
子供が物を食べるのを嫌がったり、声を出したくないと言っている時には、無理に喋らせたりせず、おかゆなどの飲み込みやすい食事にすると良いと言えます。

高熱が出ている時などは、他の病気や風邪などにもかかりやすくなりますから、看病している人は手などをよく洗うようにして下さい。
病気を早く治すためには、患者さんだけでなく、看病している側でも衛生面に気を付けることが大切です。

症状の重さにもよりますが、扁桃炎の治療にかかる期間は、およそ一週間から十日程度です。
病院を受診すると、解熱鎮痛消炎剤の他、細菌性のものであれば抗生物質などが処方されることもあります。
出された薬はきちんと服用方法を守って飲むようにしましょう。
風邪と同じく、安静にしていればそれだけ回復は早くなります。

扁桃炎の看病はどうするのがベストかを読まれたあなたにオススメの記事